空き状況サイトマップ

感情のコントロールができない、心理セラピーによる解消方法

コラム
海の森コラム 感情のコントロールについて ヒプノ目線で

 人なら誰れしも日々振り回される感情。特に怒りの感情は他に比べて自分ではなかなかコントロールできません。
 でもコントロールは難しいけれど、「解消」なら可能なんですよう。今回は感情の中でも「怒り」の解消方法について、ヒプノセラピー(催眠療法)的アプローチです。

 しかし、ただ読むだけでは感情や怒りはコントロールできません。
 文字を読むだけでは潜在意識は変わらないからです。
 必ずどこかのヒプノセラピストにセッションを受けてください。

セラピストのプロフィール写真

感情とは、どんな領域をさしているのか

ここでの感情、心には数多くの状態があります。

プラス・マイナスに分けて考えるとわかりやすいです。

(プラスの感情)
・嬉しい ・満足  ・理解
・楽しい ・リラックス
・安心  ・優しさ
・幸福  ・愛しさ


(マイナスの感情)
・不安     ・苦しみ
・焦り(焦燥感)・悲しみ
・恐怖     ・絶望
・罪悪感    ・恨み
・怒り     ・悪い
 

など。言葉を換えるなら「幸福な感情」「不幸な感情」です。

感情とは一時的なもの、そして流れて行くものです。
そして、たかだか感情、たかだか気持ちと素通りされがちです。

コントロールによっての幸・不幸のポイント

しかし私は感情こそが、人の幸・不幸を考えたとき大きなポイントだと思います。
生活環境がどうであれ、プラス感情を多く持つことであなたの時間は幸福なものへと変わります。

人は誰しもが感情によって、自分自身や周りの人達を振り回してしまうことがあります。

感情に身を任せることは、健全な行動を阻害してしまう原因にもなります。
例をあげると、怒りに駆られて後から後悔するようなことをしてしまったり、哀しみのあまりに塞ぎ込んだりといったことが挙げられます。このような特徴や症状が傾向として出ていれば解決しなければいけません。

心は体と密接に繋がっているので、体の健康も蝕まれていきます。

通常であれば、感情を抑えて理性的な言動を心がけることができるものです。

ですが中には、感情のコントロールができずに感情のままの言動をとってしまい、社会と上手く調和できない人もいます。
仕事の上でも大変重要なわけです。

理由は性格であるから、と冷静な対処も可能ですがそう言ってしまえば以上になるので、家族や周囲の手を借りたり相談したりしながら、うまく情報を活用しましょう。

ではなぜ感情のコントロールができないのか。

マイナスの感情の中でも、なかなか厄介なのが怒りです。

マイナス感情としてのエネルギーも強いですし、 破壊力も相当あります。取扱いに注意が必要です。

一度で人との関係を壊す、自分も台無しにする。

自分でも分かってはいるけど、
なぜかコントロールできない感情。

でも、なぜ存在しているかと言えば、
自己防衛のためなんですよ。

自分を守るために怒りスイッチが入るんです。
よく怒る人ほど過剰に自己防衛をしてると言えます。

だから、怒りをコントロールしようと思ったら、
自分の「恐れ」に気づくことがスタートです。

怒りは2重構造になっていることは有名な心理学的な話です。

怒りの下に「恐れ・不安」がある。
怒りの下に「悲しみ」がある。
怒りの下に「期待」がある。
自分の恐れの下にあるものに気づくことがスタートです。

感情のコントロールができない状態とは

・1パターン.感情に身を任せる

自ずから感情のコントロールをしようとしないパターンです。

感情を抑えることは必要だと考えておらず、感情に身を任せるのが当たり前となっています。
それが通用していた環境に長くいると、その思考が定着していきます。チェックシステムが構築されていないのです。

改善するためには、自身で感情を意識的に感じることから始めます。
なぜそういう感情になったのか、コントロールするために変わって化けるにはどうすれば良いかなどを考えていくことが必要です。

・2パターン.一呼吸置けない

感情に触れることが起きた際に、一呼吸が置けないパターンです。

感情のストッパーが無いために、何かあるとすぐに激しく表情や言動で表現してしまいます。

社会的な繋がりの多い人でも該当する場合があります。
感情を現したことについて自覚があれば、後で自責の念にかられる人もいます。

呼吸と感情は関連しているので、その点を有効に考え、
スイッチが入る前に一呼吸置くという意識を持ち続けなければなりません。

・3パターン.余裕がない

心、時間、金銭的な問題など、数の様々な面において判断の余裕がなく、感情を抑えることに思考が回らないパターンです。

余裕がないため、いっぱいいっぱいな状態で、他人のことを考えることができません。
自分自身のことしか見えなくなるので、感情が表に出やすくなります。

環境の変化や職業的な問題などで生じる、物理的な余裕を確保することは簡単ではありません。
ですが現状を少しでも楽しめるよう意識を変えていくことで、心の余裕や自信ができてきます。

・4パターン.ストレスの限界

日頃感じているストレスが限界まで溜まり続け、ちょっと感情の防波堤が決壊すると、気持ちを一気に吐き出してしまうパターンのほう。

この時は感情をセーブする意識が働かないため、対応できなくなり今まで抑えていた反動で表現も大きくなります。

ストレスを溜め込んでしまう前に発散する必要があります。違いや無理のない範囲で趣味を作り、
普段から心より楽しめる時間を確保できればストレスは薄れていきます。

・5パターン.思慮が浅いパターン

先のことが考えられず、発した言動からの反応を予測できないパターンです。

相手の気持ちを汲み取ることができないので、思ったことや感情をダイレクトに表現してしまいます。
これまで人と接する機会が少なかったり、人生経験が乏しいとこのパターンになることがあります。
人とのコミュニケーションを多くとり、頭でシュミレーションをして相手の反応をよく考えることが必要です。
これら同じパターンの繰り返しを回避することを考えましょう。

感情のコントロールができないデメリット

社会での適応が難しくなります。

自分は発達障害でないか、と悩んだりもします。しかし周りに言うことができません。

この「発達障害」って病気扱いをする考えは私は嫌なのですが、

色々な感情を表に出した言動をとり続けることで、周りに負担がかかってきます。
感情を抑えながら円滑なコミュニケーションをとっている周りの人達からすれば、負担は抱えたくありません。
その結果、孤立を招くことに繋がります。

さらに感情のコントロールができないと、現した感情を巧みに操られ、利用されてしまう恐れもあります。
喜怒哀楽を自在に引き出されて、気付かないうちに相手の望む行動をとらされてしまいます。

怒りのメカニズム

どんな時に怒りが発生するか

ポイントは、「自分の中にあるルール(規則・ビリーフ)」です。

生活の中で人がそのルールに違反すると「そのルール違反したらアカンやろ!」と怒ります。
それは自分の中の常識や論理的思考という会話のルールに、相手が無意識のうちに違反しているからです。

相手が違反したら即スイッチが入るんですね。

当然のことながら、 勝手に自分のテリトリーに入ってこられたら、みんな怒りますし、
失礼な事を言われたらそのために強く怒ります。友達に対しても容赦ありません。

公の場所で非常識なことをする人に対して怒ります。

ただ、一つこの「非常識なこと」って
あなたにとって非常識なこと、なんですよ。あなたが法になってるんです。

「いや違う、大多数の人にとって非常識だ」と言われるかもしれません。

そうです、言われることはごもっともです。
言いたいのは
「相手にとっては、非常識でない」ということです。

多数決の話をしているのでなく、
あなたと相手の1対1の話をしています。

極端な場合は別としても、
みんな持っているルール(規則)は違うんですね。

世の常識はさておき、
「自分の心の問題として考える」

あなたが「怒り」で苦しんでいるとしたら、
「なぜ私はこんなことで感情的に怒るんだろうか?」
って心に問うてみてください。

・その1.その怒りはどっちに向いているか?

 自分に対する怒り
 相手に対する怒り

・その2.相手のどんな言動に怒っている?

 何もしてくれなかったことに対して?
 何かをされたことに対して?

・その3.じゃあ、あなたは相手にどうしてほしかったの?

じゃあ、あなたは相手にどうしてほしかった?

「もっと大事にしてほしかった」
「もっと思いやってほしかった」
「ちゃんと自分の気持ちを聞いてほしかった」
といった要求が出てきます。
ほぼ100パーセントそうです。

そうです。怒りの根源は
あなたの相手に対する要求なのです。それ以外にありません。
「○○してほしい」って要求です。

素直にそう出せないから、怒りって方法を用いちゃうんですね。

ここからがヒプノセラピーの出番です。

セッションの中で、セラピストは更にあなたに問いかけます。

「小さい頃、誰にそうしてほしかったの?」

これは
「誰に」もっと大事にしてほしかったの?
「誰に」もっと思いやってほしかったの?
「誰に」ちゃんと自分の気持ちを聞いてほしかったの?
という質問です。

(その返事)
誰って、子供に問うと答えは決まっています。
お父さんかお母さんです。ほぼtop100パーセントそうです。

「うん、そうなんだ。お父さん(お母さん)にそうしてもらえなかったんだ」

「うん」セラピー中のインナーチャイルドはたいがい素直に答えてくれます。

「うん」って。

この「うん」って頷きの瞬間が自分を取り戻す瞬間です。

ようやく自分の要求に気づけたんですから。

そして、思いっきり「ああ、そうだったんだ!」って確認してください。

これはやってみると、非常に(クライアントにとって)
面倒くさい作業です。

ヒプノセラピーでなく、自答自問形式で行うと、
答えが無く、「もういいやっ」ってなる人も多いです。

なのでヒプノセラピストのルームに行ってくださいね。

特に怒りを持った人、イライラしている人は、セラピー中に
「言わなくてもわかるだろ!」って気持ちになります。
実際にセラピストに怒ってくる人もいます。

「わかってほしい」
「自分の気持ちを察してほしい」
って子どもが心の中で叫んでいる部分を、
私(仁泉)はクライアントにわかってほしいんです(笑)。

感情は自分の中にある。
ゆえに怒りも自分の中にあるんです。

私は言葉でクライアントに伝えますよ。
怒らずにね(笑)

私はセラピー中にしつこいくらい質問します。

「ねぇ、ほんとうはどうしてほしかったの?」って。

ある時は、途中でもうどうでもいいやっ。となったり、
思いもよらない感情に繋がる幼少期の出来事が出てきたりします。

結局、強い感情や怒りの原因は自分の中にあります。

それが分かると、楽になります。
でも、時にはそれでも自分で処理できなくなることもあります。
そういう時は、誰かに聞いてもらうようにしましょう。

日常での感情の動き

人は日常で思ったほど、自分の感情を意識して過ごしておりません。
・なんとなく働いて
・なんとなく遊んで
・なんとなく眠っています。
・そして、なんとなく感情が動く時がある。

なので、怒りや悲しみなどの感情に支配されているように感じることもあります。

自分を大切にしていない証拠

「感情は自然に出てくるものなので、排泄物と同じだ」という書物もあります。
それも然りです。そのように無常観も「あり」です。しかし私はそれは、
・なげやりな態度
・努力の放棄

つまりは「自分を大切にしていない証拠」であります。

自分の「認知」「ビリーフ」、サイトマップを変える方法もある

アドラーは感情をコントロールすること自体を否定しています。
感情は勝手に湧いてくるものなので、それをコントロールすることは不可能という事です。
それよりも、「認知」を変えろを教えてくれています。

私たちは、絶えず生きていく中で相手の言動や世の中の出来事という刺激にふれ、
そのたびに反応しています。反応の強弱は人それぞれですが、何しか反応は「させられる」のです。

たとえば、女性が誰かに「あなたは美人ですね」と言われたとします。
この場合も女性の心の反応は、本当にそれぞれです。
・素直な、それこそポジティブシンキングの女性は

「わーい。褒められた。嬉しい!」
と反応します。この認知は女性を幸せ感覚にします。、

・悲観的な女性は
「言った人は女性の外見しか見ていない。」
「だれも私の内面を見てくれていない」
と心の中で落ち込む。

・疑うのが当たり前の考えの女性は
「美人だと私を褒めておいて、何か自分にしてほしいんだろうか」
と引いてしまう。

こう書き比べてみると、よく分かりますが
美人度合いが女性の幸不幸を決めているのではありません。(ある程度は)

自己価値・「自分を大切にしているか」が
人の幸不幸を決めています。

ヒプノセラピーで「認知」を書き換える

ヒプノセラピーでは
「年齢退行催眠」という方法があります。
この方法を用い、2017年の今から、その人が認知を生み出した時間に戻ります。

悲観的な人は、言っちゃえば
悲観的な考えをする事にメリットを感じているんです。
人はメリットのないことはしません。

過去、おそらく幼少期に「自己防衛のために」
悲観的な考えをしたのでしょう。

・悲観的な考えのメリットを見つけた瞬間
・悲観的な考えのメリットを選択した瞬間

があったはずです。

疑うのが当たり前の女性は、過去に騙された経験があるのでしょう。

人は経験によって知恵をつけるので、
ショックな事があったのでしょう(その人にとって)

ただ、その時は自分を守るために役に立っていた考えも、
大人になれば役に立たなくなるものも多く出てきます。

ヒプノセラピーでは、クライアントをトランス状態にし
潜在意識の中での書き換えを行います。

まとめ

自分を変えたい!と願うとき
感情をコントロールできるようになりたい!と願うとき

まず感情の流れを見極める事。これが大事かと思います。

そしてヒプノセラピストや心理セラピストの力を使ってみてください。
ヒプノセラピーはとてもおすすめです。



 
  • 写真館
  • ヒプノセラピー
  • メニュー
  • アクセスマップ
  • ブログ