ヒプノセラピー 大阪

TEL:06-6308-3058受付:11時-最終受付21時30分 定休日:不定休大阪メトロ西中島南方・JR新大阪


なぜ父や兄のようになりたくないのか#2

セラピー前後にいただいたメール紹介mail from clients

 セラピー予約前、そしてセラピー後の感想をいただいたメールのやりとりを掲載させていただきます。ご協力いただきました皆様ありがとうございます。

なぜ父や兄のようになりたくないのか #2

⇒#1は別ページ

兄にはっきり言うことができました

 海の森 仁泉様 こんばんは。先週土曜日にお世話になりました**です。前回に引き続きありがとうございました。私はいつも、ヒプノを受けた直後の反応がイマイチなので、仁泉さんは「この人、本当に効果を感じているのかなぁ?」と思われているかと思います。

 しかし、私は前回のヒプノ後に、日常生活の中で以前の自分とは違うものを感じました。今回もその変化を感じたいと思っていますし、それを楽しみにしています。

 さて、今回のヒプノで自分の越えられない壁に連れて行ってもらった時の事について少し書きたいと思います。まず、私の前に現れたのは、昔の兄でした。壁の下から高圧的な目で私を睨み、私に何かさせようとしている表情がはっきりと見えました。当時の兄は私を召使いのように扱うことがあり、私はそんな兄に反抗する事はできませんでしたが、 今回は兄に対してはっきりと「あなたの言う事は今後一切聞かない!」と言うことができました。

視線

 次に、壁の前方から鋭い視線を感じました。姿は見えないのですが、視線の主が父であることは直感で感じました。前方に古い建物があり、中に父が居ましたが、兄の時のように姿がはっきりと見える訳ではないのですが、怒りで満ちた目でこちらを見ているのを感じ取れました。それは、子供を見守る親の目ではなく、まるで私の存在自体に対して怒っているかのような感じがしました。自分の考えを押しつけ、人の言うことに耳を傾けようとしない父。そんな父に対して当時の私は何も言うことはできませんでしたし、理由もわからず怒られる事も度々ありました。今回、私は父に対して言いたい事を言えましたが、父は相変わらず聞く耳をもたないような感じでした。それでも、父に対して自分の意思を伝えることができたので今は満足しています。

 私が今まで感じていた「壁」は、兄と父が原因だったんですね。そう言えば、当時、私は「絶対に私は父のようにはならない」と思っていましたが、最近、私は他の人の気持ちを考える余裕がなくなり、言い訳をして自分を正当化しているので、昔の父に近づいていっているのかもしれません。そんな危機感から今回、仁泉さんの所に行ったのでしょうね。私が何故「自分を変えなければいけない」と思うようになったのか、今回のヒプノを受けて理由がわかったような気がします。 次は自分を一度リセットしてみたいと思いますので、またよろしくお願いします。

(仁泉返信)
 そうですね、親兄弟に言いたいことを言わないといけません。親兄弟は大切なものですが、心の呪縛は解きましょう。心のパイプは言葉で切ることが可能です。

 感想を寄せていただき、大変ありがとうございました。

ヒプノセラピー深く

運営SNS:海の森 Twitter 海の森 ブログ


大きな地図で見る

予約状況
ヒプノセラピー 料金
ヒプノセラピー 電話 スカイプ
ご注意事項
海の森の紹介
ヒプノセラピーとは
よくある質問
ご予約・問合わせ
セラピストメッセージ
電話予約
LINEQRコード
ルーム写真
セラピストブログ

<海の森 メッセージ>

<海の森 体験談>


サイトマップ
空き状況