ヒプノセラピー 海の森 体験談

Back

サロン経営自営業 30代女性 2012年8月


 現在私はとあるセラピーをさせていただいており、自分のサロンで営業しつつ、ボディワークのインストラクターを目指しています。
ヒプノセラピーというもの、そして先生に出会うことになったのは、今現在自分が受けている研修の中の1つの課題で”代替療法体験”というものがあった為でした。

 色々な代替療法の中で、心理(心)に働きかけるセラピーにすごく興味を持ちました。その反面未知の世界に不安もありました。

 私がサロンで営業する中、心と身体の運動は切り離せないことも強く感じていた為、少々の勇気?をふりしぼり、ネットで検索、”海の森”さんが出てきました。いくつものサロンをネットで見ましたが、何かしっくりこず、、、どうしても海の森さんに目が止まる。日頃からインスピレーションをすごく大事にしている自分は何かあるのだろうと心の中はウキウキ状態になり、予約した日を待ちました。



予約10分前、海の森さんに到着。期待と緊張の一瞬。実際の先生は物腰のやわらかい女性で、自分にない心のゆとりを持っておられるように思いました。

 事前の聞きとりで自分の悩みを3つあげました。その中で一番現在大きな問題というか解決したいことは?と聞かれ、”自分の今後”とお伝えしました。そうすると先生は自分の未来へうまくステップアップするには過去にあった出来事で心のひっかかりとなっているものを解決するほうがいいかも..と再びお話をされました。自分の今までは実に波乱万丈で、”不審者”との遭遇、”両親とのかかわり””自分の子供の死””離婚”他もろもろ数えきれないくらいの波がありました。話を進めていく中で、亡くなった子供と自分の父とセッションの中で会いましょうと先生はおっしゃって下さり、セッションが始まりました。


 薄明るくリラックスのできる空間、座イスに横たわりながら..でも心のどこかで本当に催眠状態になるのだろうかと思いつつ.. セラピーが始まり先生の誘導で全身の力が抜け深く呼吸し、全身がものすごく温かく..自分の身体がある感覚さえわからないくらいでした。
「森の中で動物が出てきます。それは何ですか?」 ここでは子リスが出てきました。「会話しますか?」と言われ話しかけてみます。しかし自分から涙がこぼれ止まらなくなりました。この子リスは亡くした子供だという感覚がしっかりありました。他にもドアをあけて部屋に入ったり、昔の楽しかった思い出に戻ったり、実際亡くした子供に会わせてもらったり..多くの場面がありました。

 最後に催眠からとけた時、自分の気持ちの中で今までできなかった”心の整理”というものができた様でスッキリしました。その後、先生と少しお話しましたが、今の自分の状態をつくりあげている過去の出来事、自分の重いが勝手に順序立てて考えられることにも驚きました。”やはりここに来る意味があったのですね..”と先生にお伝えし、海の森さんを出ました。1回ではまだ足りないという感覚が自分にはあります。回数を重ねるごとに自分の人生が変わるような気がします。意味のある体験となりました。先生ありがとうございました