ヒプノセラピー Q&A

Back


ヒプノセラピーとはどんなセラピー?

 

 セラピストと来訪者の1対1で行います。
 セラピストの言葉による誘導で来訪者にリラックスしていただき、本人も忘れてしまっているような記憶の深い層まで掘り下げ、現在の悩みの原因となっている出来事を解消する心理療法です。


 例えば「人付き合いが嫌だ」「そして現在人付き合いが上手くできない」っていう悩みがあるとします。「人付き合いを上手くしたいのにできない」っていう悩みです。
(注:「人づきあいが嫌なので私はしません」はそれはそれでいいんです。本人が悩んでいなければ問題ではないです)

 では、セラピーで「なぜ人付き合いが嫌なのか」「いつから嫌なのか」の原因となった出来事を目標に年令退行をしてきます。すると、来訪者の方は「幼稚園の時に3~4人位のグループで仲間外れにされた事がある」といった出来事を思い出します。その幼稚園の仲間外れにされた時に「友達は私を仲間外れにするんだ」という認識と「傷ついたけどがまんした」等の感情の置き忘れを思い出す訳です。そして前記のような「人付き合いが嫌だ」「そして今、人付き合い上手くしない」っていうプログラムがその人の内部に書かれるんですよ。
 そしてそのまま大人になっちゃう。なので、今の大人のあなたが大人の認識力でそのプログラムの根拠を外します。

 1回仲間外れにされたくらいで「自分は人付き合いが上手くできない」「人付き合いは傷つくもんだ」って思う必要はないですから。

「人づきあいが嫌」という根拠がなくなった結果、大人のあなたは自分で新しいプログラムを作ればいいんです。


過去を思い出すのに何故わざわざセラピストの所へ行くの?

 

 私は心のセラピーは、人対人(ひと対ひと)の1対1で行うので効果があると考えます。
 また、自分で瞑想などして過去のトラウマを解消する事も可能ですが(私もたまに行います)、自分で行うとどうしても、自己防衛本能が働きトラウマの核心部分には突きあたらなかったり、避けて通る現象が起こります。プログラムが少ししか書き換えられない状態です。
 なので、自分の力ではどうしょうもない時に、出来事とは無関係者のヒプノ技術を持ったセラピストによるヒプノセラピーを受けてみるのがオススメです。


 当ルームのヒプノセラピーでは、本人の意識がなくなる程の深い催眠は行いません。



セラピー中はどんな様子なの?

 

 基本はセラピストが来訪者の方に話しかけ、セラピスト⇔来訪者の受け答えが行われます。 来訪者の方は意識のある状態で潜在意識の中の過去の記憶を思い出しながらセラピストと会話している感じです。


 メニュー・料金は⇒

  「メニュー・料金」へ

ヒプノセラピストを選ぶ基準って?

 

初めての時は、ベテランがいいのかと思いますが、自分にあっているのかどうかが1番でしょうか。
 自分にあっているのかどうかは、やはりセラピーを受けてみないとわからないですね。なので、そのセラピストのHPやブログを見てよさそうかどうか自分で判断するしかないですね。でも、それがいいセラピーに繋がるかと言えばそうとも言い切れません。私は有名なセラピールームに行っても、セラピー中に何も出てこなかったりで無駄金を使った事があります。そのセラピストの方は「○○の上級資格」といったニュアンスの資格を名刺に書いておられたのですが。
なのでセラピストと来訪者の相性なのですかね?

 私が今まで受けた中での最高のヒプノセラピーは、セラピストはベテランでしたが意志の疎通は全然できていなくて、こっちも不満の心を持ったままセラピーを受けたんですが(相手も同じくイライラしていたように感じました)、、自分の知りたかった過去の出来事・得たかった感情が120%出てきました。

 なので「受けてみないとわからない」「自分がいいなと直感したところへ」とご案内いたします。


催眠療法ってあやしいって思うけど?

 

「催眠療法」って言葉は私もあやしいと感じます(笑)。 騙されるんじゃないか、身ぐるみはがされるんじゃないか、とかね。

「催眠」と言っていますが半催眠なので、自分の意識は十分にありますし、言いたい事は言わなくていい(それが可能)です。またイヤになれば自分の意志で目を開ければいいんです。それでハッキリ目が覚めますから。



なぜ催眠療法って料金が高いの?

 

そうですね、催眠療法は心理セラピーの中では料金は高い方だと思います。「商品原価は何もかかってないのに、なんで?」というご質問の答えは、、「元手がかかっているから」です。催眠療法も日々新しい手法が開発されていて、私は手法を他に習得に行ったり独自で研究したりしております。催眠療法といっても、数年前と今では内容が全然違います。実はその経費がとっても必要なんですよ(笑)。