ヒプノセラピー 大阪

TEL:06-6308-3058受付:13:00-20:30 定休日:水曜日大阪地下鉄・西中島南方・JR新大阪


ヒプノセラピーとは 催眠療法のわかりやすい解説

ヒプノセラピー 海の森

ヒプノセラピーとは何か


ヒプノセラピーとは  深くリラックスすることによって催眠状態(潜在意識が開かれた状態)へ導き普段意識しない心の奥底(潜在意識)へとアプローチします。
 当ルームのヒプノセラピーでは、本人の意識がなくなる程の深い催眠は行いません。

 ヒプノセラピーとは心理療法の一つです。
 ヒプノセラピーと催眠療法、同じ意味で使っています。

 自分の内側にある潜在意識とコンタクトをとり、問題の原因を見つけ改善していく療法になります。潜在意識へは自分の意思ではなかなか繋がることはできません。無意識的には1日の中で何度か催眠状態を体験しています。

 意図的に行う場合は、セラピストの催眠誘導によって可能になります。

ヒプノセラピーで得られる主な効果は下記になります。

  • ・自分の重荷になっている漠然としたものをはっきりさせて解消する。
  • ・ストレスが原因の問題を発散によって解決する。
  • ・深い心の安らぎが得れる。

ヒプノセラピーと呼ばれる催眠療法

 催眠と聞けばちょっと身構えるような怖さがありますが、特に昔にテレビなどで見ていた催眠術師の催眠ショーは切り離して下さい。

 ちなみに海の森にも、「催眠術をかけて”○○恐怖症"を治してほしい」と言われることがあります。そういう依頼には率直に、「できません」とお断りします。少なくとも私(仁泉)には不可能です。

 ヒプノセラピーや催眠療法と、催眠ショーでは、大きく目的が違うんですよ。全く違う。

潜在意識とは

 心はおおまかに顕在意識10%、潜在意識90%の構造になっていると考えられています。過去の記憶やその時に持った感情は90%の潜在意識にプール(蓄積)され、顕在意識が起こす思考や行動に、無意識の内に多大なる影響を与えていると考えられています。

 潜在意識は、顕在意識(表面意識)の対になります。普段、自覚していない意識です。人が持つ意識の内、9割以上を占めます。

 今までの人生の中で、見聞きしたこと、感じたことや思ったことなどが記憶されています。意識して思い出せないことも奥底に潜んでいます。欲望も含まれますが、本能とは異なります。潜在意識の方が、顕在意識よりも強力です。理性や考えが及ぶ前に行動を起こしてしまうことは、潜在意識によるものです。意識的に何かをしようと思っても、何らかのブレーキがかかり止めてしまう時などは潜在意識が作用しています。

 ヒプノセラピーは、セラピストの言葉による誘導で心身をリラックスさせ、普段閉ざされている潜在意識の中に入っていきやすくします。そして過去の封印をしていた自分の本音を思い出して解放したり、ご自身で新たな記憶の書き換えを試みる心理療法です。

 実際のヒプノセラピー中は、その人の得意な感覚が使われる事が多いです。

  • ・視覚が敏感な方は、映像で再現されたり
  • ・聴覚が敏感な方は、音や声が思い出されたり
  • ・体感覚が敏感な方は、軽やかな感覚・苦々しい思いを再現されたり
  • ・なんだかわからないけど悲しいって感情がこみ上げてきたり

 もちろん感覚の再現は単体で行われるのではなく、複合的に起こります。実際のヒプノセラピーがどんなものか想像しにくいところもあると思いますので体験談を参考にしてみて下さい。


催眠状態について

 潜在意識と対話ができてこそヒプノセラピーを施せるようになります。そのためには催眠状態になることが必要です。催眠状態になると、「選択的な注意集中」によって潜在意識へ自分の注意が向いていきます。

催眠状態はどういう感じ?

 変性意識状態や、トランス状態とも呼ばれます。顕在意識と潜在意識の間にある、または交わっている意識の状態です。実は日常生活の中でもしばしば変性意識状態になっている時があります。何かに夢中になっている時や没頭している時、眠りに入る直前、寝起きの覚醒時、深くリラックスしている時などです。

 変性意識状態ではリラクセーション効果を得られます。

選択的な注意集中とは?

 自分が必要だと判断するものを選び、注意を向けて集中することを指します。これにより、常に自分の中へ入り続ける情報の許容オーバーを防いでいます。

ヒプノセラピーの種類について


ヒプノセラピーの種類について  ヒプノセラピーはアプローチの方法により、種類分けがなされています。当ルームでよく用いる方法は主に次のとおりです。 

年齢退行催眠

 「なんでかずっと心に不安を抱えている」「自分に自信がない」など、幼い時期からひきずっている感覚はありませんか?その感情が日常生活のふとした時に出てくる。こういった感情・思考パターンは幼い時に何かの出来事よって作られます。何かの出来事とは、主に両親をはじめとした家族との関係のなか発生します。それがあなたの潜在意識の中に記憶され眠っています。

 年齢退行催眠はその出来事があった時へ戻り、現在の自分に影響を与えている心の奥深い思い込みやトラウマ、行動の原因を理解していく療法です。

インナーチャイルドセラピー

 語源は「自分の中にいる傷ついた子供」といった意味合いです。あなたの中には幼少期に親や家族との関わりの中で、傷ついたままの子供・我慢したままの子供がいます。

 インナーチャイルドセラピーではその子供を大人のあなたの前に出してきます。大人のあなたはその子供に話しかけてみましょう。
 「どうしたの何があったの?」
 「ほんとうはどうしたかったの?」

 その子供との会話の中であなたは自分の本心に出会えるかもしれません。

前世療法

前世療法

 人間は幾たびも生まれ変わっている、という考えのもとに現世の苦しみや悩みのもとが前世からの因縁にあるのではないか、その起因する出来事を探すために前世まで記憶をさかのぼります。

 男女が現世と反対のこともよくあります。また前世の家族が今世でも近い人間関係にあることもよくあります。

 主に前世へ戻った時間地点からその人生の終わりまで順に大きな出来事をポイントで体験します。。当ルームでは前世を終わった後の中間世で、自分のハイヤーセルフ(守護霊)との対話も行います。

その他のヒプノセラピー

胎児期退行

 現世で生まれる前の母親のお腹の中にいた時の記憶へ退行します。母親のお腹の中では、本人と母親はほぼ同意識です。その不思議な感覚を味わいます。母親のお腹の中で生まれる前の父親と母親の会話など聞いている事を思い出す方もいます。

未来順行

 数年後や数十年後のあなたの未来を体験します。未来は定まったものではないですが、「このままいけばこういう将来」を体験できます。未来の自分をリアル体験することにより、これからの自分の方向性を再検討するのが目的です。

魂の本質を探る

 自分の魂の本質、心の核の部分が「何をもって尊きとするか」「何をもって価値の基準とするか」例えば優しさなのか、美しさなのか、強さなのか、正義なのか、その他何を持って良しとする魂なのかを探ります。

ヒプノセラピー(催眠療法)を受けた後が重要

 ヒプノセラピーで潜在意識に触れると、自分の抱える問題が分かります。

 重要なのはセラピーの後です。見えた目標に到達するため、または問題を解決するために、意志を持って行動しましょう。ヒプノセラピーで得たものから、より良い未来へ向けての行動を開始しましょう。そのバックアップのために心のセラピスト達はいます。