トップロゴ

TEL:06-6308-3058受付:13:00-20:30 定休日:水曜日大阪地下鉄・西中島南方・JR新大阪


ヒプノセラピーの体験談 海の森 男性版

最強の自己

男性の体験談

幼い時に泣けなかった男の子を胸に秘めた男性

 会社で行き詰まったので相談にきました。「じゃあちょっと小さい頃に帰ってみようか」と仁泉さんから提案されて、「会社環境でどうしょうもなくて嫌になってるのに何で小さい頃に?関係ないやん」と思いました。

 しかしなんとなく何も考えたくない気持ちだったので仁泉さんの提案を受ける事にしました。まず昔の楽しかった思い出に誘導されました。思い出したのは、小1の頃に田舎で友達10数人と田んぼ道を自転車で駆けまわって遊んだ記憶です。

泣きたい男の子

 次に悲しかった(今までで一番悲しかった)思い出に誘導されました。私はその時住んでいた伯父さんの家にいました。小4の時です。祖母が亡くなった日でした。近くに弟がいた事や近所の人が弔問にきた事がリアルに出てきました。(後で思い出すとこんなにリアルに再現できるなんて驚きです。

 祖母がなくなった事は、今でも悲しいことNo.1です。祖母は色んな事を教えてくれて自分に勇気をくれて大好きだったので亡くなったのは本当に悲しかった。仁泉さんが私に「今どんな気持ち?」と聞いてきて、私は「悲しいです」と答えました。仁泉さんに感情を色々聞かれたけど、それ以上は出てきませんでした。そして、その小学生の記憶から大人の自分に戻りました。そして仁泉さんの誘導で大人の自分の前に「祖母が亡くなって悲しい子供」が出てきました。

仁泉さん 「その子はどんな表情をしてる?」
私 「無表情、すました顔をしている」
仁泉さん 「もっとよく見てみて」

私はその子をじっと見て気づきました。そして言葉が詰まりました。「泣きたいけど我慢してる顔してる、、」 
そう、祖母が亡くなっても私は泣くのを我慢していたのです。
仁泉さん 「なんで我慢してるの?その子に聞いてみて」
仁泉さんの口調のまま私もその子に聞きました。
「なんで我慢しているの?」 

その子は答えます。
「泣いたらあかんって言われてるからや」

それをそのまま仁泉さんに伝えました。
「泣いたらあかんて、誰に言われたの?って聞いてみて」
その子 「誰からって、、ずっと言われてきた。豪傑は泣いたらあかんて祖母にも教えられた」

そうです。悲しくても泣くのは我慢しなくては。私もそう思います。でも仁泉さんは優しい口調で言ってきます。
「悲しかったら泣いたらいい、ってその子に言ってみて」

この仁泉さんの言葉は私の信条に反する事なので伝えるのは憚りましたが、私の意見でなく仁泉さんの意見なので、そのままその子に伝えました。
「その子は何て言ってる?」

「男は人前でなくもんじゃないって、、絶対泣かへんって言ってます」「ここは他に誰もいないから泣いてもいいってその子に言ってあげて」
「いや、誰もいなくても泣いたらあかんて、、言ってます」「じゃあ、あなたが許してあげて下さい。その子に泣いてもいいよ、ってあなたが言ってあげて。あなたが許さないとその子は泣けないから」

その時私は気づきました。泣きたい子供を我慢させているのは自分なのだと。

 複雑な思いが自分の中に去来しました。けれど私も我慢に疲れていたので、その子に「泣いていい」って言おうとした瞬間に自分に涙があふれてきました。悲しい涙でなく開放感のある涙でした。自分の涙でかすんでその子が見えなくなるくらい涙が出てきました。泣いたらバツが悪いような気がして泣けなかった面もあったのですが、セラピー後に仁泉さんは私の涙に関しては不問でした。そのため正直、とても居心地がよかったです。

女性の体験談は
体験談

脳のマイナスイメージをリセットするヒプノセラピー

セラピー前

 私(男性)は以前から催眠療法に興味があり、一度、ヒプノセラピーを受けて見たいと思っていました。そんな折り、セラピストである仁泉さんとのご縁があり、早速、お試しコースですが、受けさせて頂くことになりました。

泣きたい男の子

 私がヒプノセラピーを受けようと思ったのは、私自身が人見知りをしやすく、対人恐怖症の自覚があるからでした。仕事柄、人の相談に乗る事が多いのですが、一見普通に対応しているように見えますが、でも私自身は、緊張感と不快感を抱きながら、それに耐えて対談していました。例えるなら、いつも原因不明の腹痛を抱えたままでどうしようもなく、痛くて不愉快なまま、我慢して仕事をしている感じです。様々な本を読み、考え方や行き方を常に良い方向へと持っていく努力はしていますが、人見知りや対人恐怖症の意識の部分はどうしても変えられない…。

 いくら顕在意識を豊かにする本を読んでも、潜在意識にインプットされたマイナスのプログラムを修正しないと、根本的な解決にはならないのでは無いかと思えたのです。潜在意識にインプットされたマイナスのプログラムを修正する。それがヒプノセラピーの役割だと思えたのです。

 当日、いささか緊張気味でしたが、カウンセリングの際、仁泉さんの温かい笑顔と人柄に励まされ、勇気を持って、自分自身の過去に遡り、原因となりそうな過去の辛かった記憶を全て打ち明けました。私の場合、人の相談に乗る時、どうしてもその考え方は変えたほうがいい。と思ってしまうのですが、仁泉さんは違います。変えようではなく、理解しようとされているのだと思います。良い事も悪い事も、全て包み込んで理解されようとしているお気持ちが、安心感を抱き、胸の内を全てお話できるのだと思います。カウンセラーとしても一流の方だと思いました。

療法開始

 いよいよヒプノセラピーが始まり、心地よいソファーで心身共にリラックスできる空間。仁泉さんの言葉が心地よく、自然と潜在意識の中に陶酔して行きました。

泣きたい男の子

 私は高校卒業後、ある工場に就職したのですが、その頃は本当に純粋で一生懸命に仕事をしていました。お陰で上の上司からは気に入られて入ましたが、しかし直属上司や先輩達からは、「何を良い子ちゃんしてるんや」とばかりに、大変なイジメに合いました。煙たかったのでしょう。そんな状態で約3年ほど耐えていました。常に怒りと憤りと絶望感を抱きながら、忍耐して仕事をしていた私は、それが積もり重なって、遂に潜在意識にまでに浸透してしまい、対人恐怖症として無自覚に表れたのだと感じました。

 私は潜在意識の中で、直属上司や先輩達に、当時は言えなかった怒りを思いっきりぶつけました。そして潜在意識にインプットされたマイナスのプログラムをリセットしようとしたのでしょう。

セラピー後

泣きたい男の子

 セラピー終了後、自己が開放されたような爽快感があり、何とも心地良かったです。私の場合はお試しコースでしたので、一回で全てが変わるとは言えないかも知れませんが、しかし、何回か繰る仕返し受ける内に、潜在意識のマイナスのプログラムは、必ず幸せプログラムへと組み替えられると思いました。

 西欧医学では、病気をすると、手術をしたり薬を投与したり、一時的に症状は抑えられますが、根本的な原因を改善しなければ、再発したり、薬などの副作用も考えられます。しかし東洋医学では、その人の本来持っている自然治癒力を引き出し、時間は掛かりますが、副作用がなく、抜本的に体質を変えることを主眼に置いています。ヒプノセラピーは潜在意識に働きかけ、本来の健康な自分を取り戻す、副作用の無い、言わば東洋医学的な役割だと思います。

 皆さんも悩みや葛藤の原因が、過去に傷ついた事柄だと思われる方は是非、ヒプノセラピーを受けて見て下さい。ヒプノセラピーの素晴らしさと仁泉さんの温かい人柄に、きっとあなたの潜在意識は変わり、晴れやかな素晴らしい未来が開くことでしょう。

感想を寄せていただいた皆様、大変ありがとうございました。